教育ローンとアルバイトを併用した学校生活

教育にお金がかかるのは、いつの時代にも共通した家庭の悩みです。医学系などは経済的にゆとりがなければ、はじめから対象外とさえいえます。しかし、最近では教育ローンや、自治体の補助金、各学校の奨学制度など、さまざまな教育費の支援が行なわれています。とくに教育ローンは、各金融機関が力を入れており、条件も比較的ゆるやかなことから、検討する価値があります。教育ローンの場合は、使途がはっきりしていることと、金融機関の社会的使命感もあり、他のローンよりは金利も優遇されています。学力が優れていて、奨学制度の対象になる場合はそちらで賄えるとして、それ以外のケースでは、教育ローンと生徒自身のアルバイトを併用する方法もあります。金額の多い入学金を教育ローンで調達し、入学後の教育費の一部にバイト代を充てるという方法です。大学生がアルバイトで学費を稼ぐのは一般的ですが、高校生であっても学校帰りにアルバイトをするのは最近ではスタンダードになりつつあります。高校生でも働けるような職種であればほとんどがシフト制になっていることから、学業に支障のない範囲で勤務することが可能です。同時に高校生のうちから仕事を経験することによって、社会人になるための職業訓練と考えることもできます。補助金と違って、ローンは返済しなければならないので、収入の一部を家計に入れ、残りを自身の小遣いにすれば、両親の助けにもなり有意義です。ローンと仕事をうまく併用して充実した学校生活をおくることは充分に可能といえます。

教育ローンの審査について

教育ローンには、日本政策金融公庫の国のローンと銀行や信販会社等の民間のローンがあります。いずれも、子供の教育費用のためにお金を融資する点で共通しています。教育費用は、高校や大学の入学金や授業料、その他教科書代といった内容で、国と民間にさほど違いはありません。ただし、国のローンは義務教育の教育費用を対象外としているので、私立の小中学校の教育費を捻出するには、民間のローンを選ぶことになります。金利は、国のローンの方が低く設定されています。国のローンと民間のローンとの最大の違いは、審査資格にあります。国の教育ローンの場合は、経済的に苦しい家計の子どもに教育の機会を与えるための制度なので、所得制限があります。具体的には、年収が790万円以上の家庭は、国のローンを利用することができません。子どもが1人増えるにつれ年収の上限は100万円ずつ上がっていきます。たとえば子ども2人であれば890万円、3人であれば990万円といった具合です。したがって、この審査要件を上回る年収を得ている家庭は、民間のローンに依らざるを得ません。一方、民間の教育ローンの場合は、所得制限はありません。他のローンと同様、年収や勤務先、勤続年数等が審査されます。民間のローンの場合は、国の場合と逆で、年収の下限が設定されているのです。年収の下限は、各金融機関によって異なるので一概にはいえませんが、200万円から300万円以上としているところが多いです。

教育ローンの合法的な踏み倒し?

近年の低迷する経済事情を背景に、大学などへの進学資金を教育ローンでまかなう人が増加しています。親からの援助が見込めないので教育ローンを借りて進学するということですね。しかし、現在大学を卒業したからといって、それが就職や安定した給与が見込める仕事につけるという保証は残念ながらありません。大学を卒業したはいいけれど、その教育ローンを返済できない人も増加しているのが現状です。まだ経済的基盤もできていないうちに借金を背負い、生活もいっぱいいっぱいなのに返済に追われる若者。しかも最近は回収が徹底して行われるようになってきて、中には債権回収会社を利用するところもあり踏み倒しは難しいようです。返還猶予制度があるところもありますが、そもそもその制度が周知されていなかったり、適用が非常に厳しい条件だったりすることもあり、受けられるない人も多いのです。よい仕事について人生の経済的基盤を作るために大学に行ったのに、これでは何のための進学なのかわかりません。弁護士などに相談するという手もありますが、なかなかハードルが高くて相談する人は少ないようです。ところが、実は人によっては合法的な踏み倒し方法があります。法律で「返済期日から10年で債務の消滅時効が成立し、支払わなくてもいい」と決まっているからです。しかし、10年逃げ続けるのは容易ではありませんし、何よりモラルが欠けた行為として反発する人も多いでしょう。やはり踏み倒しは現実的ではないのです。将来を担う若者たちのために、公的な救済措置の拡充が急務なのではないでしょうか。

ろうきんの教育ローンについて

自分の子どもの将来を心配する親御さんは多いと思います。良い職に就けるようにいい学校に入れたいのはどの親御さんも一緒のはずです。しかし、いい学校に入れるのには多額のお金が必要となってきます。そんな時に手助けしてくれる心強い味方がいます。それが今回紹介する、ろうきんの教育ローンなのです。(決して闇金とかには頼らないで下さいね!主婦 お金借りるのが簡単と言って寄ってくるので注意してくださいね)ろうきんの教育ローンの特徴は、小学校から大学や専門学校での入学金や授業料はもちろんのこと、学用品購入費用や留学費用も借りることができ、他の金融機関等の教育ローンや奨学金の借換もできます。他の特徴としては、繰上返済手数料がネットバンキングでも窓口でも無料で利用することができます。もし、困ったことや分からないことがあっても職員が親身に丁寧に教えてくれますし、第3土曜日には相談会の日というのを設けて、我々お客様の立場に立って相談に乗ってもらえます。ローンを借りる際に心配なのは、金利の心配をする方もいると思います。ご安心をしてください。金利の引き下げ制度があり金利を減らすこともできます。返済方法としては、毎月返済していく一般タイプや元金の返済を最長5年の範囲で据え置いて、利息や保証金のみを支払う据え置きタイプ、最高4回に分けて返済する分割タイプなど分かりやすく返しやすい3つのタイプに分かれています。昨今は不景気で家計が苦しい中で困る子どもの教育費は、賢く安心に低利で借りれて返しやすいろうきんの教育ローンに助けてもらうのも一つの選択肢です。

中退すると教育ローンの返済はどうなるか。

教育ローンを組んで、大学や専門学校へ進学したあとに、さまざまな理由によって中退することがあります。そういった場合の返済についてご紹介します。教育ローンには、おおきく分けて3種類あります。①国の教育ローン②銀行系の教育ローン③信販会社系のローンです。当たり前のことですが、融資条件のよいもの(利息が低い、返済期間が長いなど)ほど、融資の審査は厳しく通りづらいことがあります。また、融資が決定しても、その額が少額だったりということも、実際にあるケースです。しかしながら、基本的にすべての融資は、契約によって規定されます。そのため、万が一入学をきめて、入学金を支払った後で、大学や専門学校を中退することになっても、基本的には契約書に書かれた通りに、返済することになります。分割にて返済すると、契約した場合には、中退した事実が明らかになったからと言って、即刻一括返済を言い渡されるということはありません。ただし、そのようなことが、契約書に記載されていた場合には、別です。万が一、一括で返済する旨が記載されていたら、そのように返済する必要があります。そうならないように、契約を結ぶ場合には、返済についてしっかりと説明を受ける必要があります。また、国や銀行系の教育ローンでは、そういったことは、あまりありません。また、退学したからといって、繰り上げ返済のようなことができるかどうかは、それぞれの機関や会社によって違うので、確認する必要があります。

教育ローンの金利は要チェック

教育資金として、教育ローンを検討する親御さんは多いです。大学進学にかかるお金、もしくは子供の仕送りなど余裕が出たらアルバイトしてもらうにしても、それまでは親が多少の援助をしなければなりません。その際に、まとまったお金が必要になります。そうした時に教育ローンは大変便利です。既に用途が決まっているローンの場合は金利も安く、年2%3%で借りることができます。とはいえ、数百万円借りるとなると、金利が大切になってきます。奨学金のように返済義務が子供にある場合なら子供に任せればいいですが、教育ローンはその名義は親ですから、親が返していくことになります。できる限り金利の安いところにしないと、後々辛い想いをします。銀行によってはキャンペーンがあり、例えば給与口座を持っている場合や、他に住宅ローンを持っている場合、インターネットからの取引によって年間の利率が下がることもあります。そういった情報もチェックしましょう。また、いつから返済が始まるかも重要です。大学卒業時点から払い始めるケースやローンを組んだ直後から返済が始まる場合など銀行によってその仕組みは分かれます。年間の利率にもチェックしないといけませんが、返済の時期、その方法にも注意を払わなければなりません。年利0.1%違うだけで支払う総額は数万円単位で変わります。出来る限りお得に借りて、負担の少ないよう、教育ローンのパンフレットを色々取り寄せて、比較検討を普段からしていきましょう。